トップページ > 基幹型包括支援センター(基幹型包括支援センター・認知症・医療介護連携)

基幹型包括支援センター運営事業
高齢者の方が住み慣れた地域で安心して暮らせるように、各区役所内に設置された7か所の基幹型包括支援センターを運営しています。市内21か所の地域包括支援センターと連携し、保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャーなどのスタッフがそれぞれの専門性を活かしながら「チーム」として総合的な支援を行っています。
主な業務
総合相談・支援
介護・健康・福祉・医療などの困ったことや不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。介護保険だけでなく、さまざまな制度や地域活動などを利用した総合的な支援を行っています。
権利擁護
高齢者の方の人権や財産を守る権利擁護や、虐待の早期発見・防止をすすめていきます。成年後見制度の活用や、消費者被害防止に努めています。
介護予防
介護が必要となるおそれの高い方に対して、堺市が行う介護予防事業などを紹介し、身体の状態の維持、改善をめざします。
※介護予防ケアプランの作成は地域包括支援センターで行っています。
地域のケアマネージャーなどへの支援
高齢者の方を支えるケアマネジャーを支援し連携を深めます。医療機関をはじめとするさまざまな機関と連携して、高齢者の皆様を支えるネットワークづくりに取り組んでいます。

令和2年度「介護支援専門員向け研修」中止のご案内

毎年度、社協にて開催しています「介護支援専門員向け研修(法定外研修)」について、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を受け、今年度の開催を中止させていただきます。 何卒、ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。
地域包括支援センター・基幹型包括支援センター所在地一覧
令和3年度(下半期)統括課 営業日のお知らせ
平成25年度「困難ケース対応に関するアンケート」報告
介護予防・日常生活支援総合事業

【手引き・様式・資料集】
 ケアマネージャーのための情報ガイド・相談シート
令和2年10月改訂 ケアマネジャーのため情報ガイド(堺市版)
令和2年10月改訂 ケアマネジャー 相談シート様式(堺市版)
 
認知症地域支援・ケア向上事業
平成24年度より堺市から認知症地域支援・ケア向上事業を受託しています。認知症の専門的な医療を提供する認知症疾患医療センターをはじめとした医療機関や介護サービス及び地域の支援機関をつなぐコーディネーター役である認知症地域支援推進員を、包括支援センター統括課及び各基幹型包括支援センターに9名配置し、医療と介護の連携強化、地域における支援体制の構築に取り組んでいます。
主な業務
認知症の人を支援する関係者の連携を図るための事業
認知症の人や家族等を支援する事業
若年性認知症の方への支援
認知症ケアに携わる多職種の協働のための研修事業
市が行う認知症に関する研修等の施策への協力
認知症サポーター養成講座

 現在、65歳以上の高齢者のうち4人に1人は“認知症とその予備群”と言われています。認知症は誰もがなりうる可能性のある身近な病気です。そのため、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりの推進のために、「認知症サポーター」を養成する講座を開催しています。
 「認知症サポーター」とは、認知症を正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る応援者です。家族や友人に学んだ知識を伝える、認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努めるなど、身近なところから始めてみませんか?
 受講者には認知症への理解を深めた証として、「オレンジリング」をお渡ししてきましたが、令和3年4月以降は「認知症サポーターカード」に変更になりました。

【令和2年度末までの認知症サポーターの養成人数】
堺市 77,623人
(全国:13,177,692人)
【令和5年度末までの目標養成人数】
90,000人

サポーター養成講座 サポーターカード
認知症サポーター養成講座開催予定

  お問い合わせにつきましては、包括支援センター統括課、基幹型包括支援センターへご連絡ください。 (連絡先はページ下部参照)

認知症サポーター養成講座申込書

 市内で認知症サポーター養成講座の開催を希望される企業・団体へ、講師役となる「キャラバン・メイト」を派遣します。まずはお気軽にご相談ください。

キャラバン・メイトの方へ
 堺市に在住・在勤のキャラバン・メイトの方が認知症サポーター養成講座を開催される際に使用していただく開催計画表・報告書の様式・記入例を掲載していますので、ご活用ください。

認知症サポーター養成講座開催計画表・実施報告書・記入例(Excel)
認知症サポーター養成講座開催計画表(PDF) 計画表記入例(PDF)
認知症サポーター養成講座実施報告書(PDF) 実施報告記入例(PDF)

 受講者には認知症への理解を深めた証として、「オレンジリング」をお渡ししてきましたが、令和3年4月以降は「認知症サポーターカード」に変更になりました。

“講座開催時に視聴していただくキャンペーンDVDについてのご注意”
    Windows10には、DVDを再生するためのアプリが標準では搭載されていませんので、キャンペーンDVDをセットしても映像を再生できないことがあります。このため、ご使用のパソコンの仕様を事前に確認してください。
認知症関連事業情報

認知症VR体験会(認知症フレンドリー講座)
バーチャルリアリティ(VR)機器を活用し、認知症の方に見えている世界を本人視点で疑似体験できるVR認知症体験会を開催します。
認知症を文字で学ぶのではなく、体験することで、認知症を自分ごととしてとらえ、認知症と共に暮らす共生社会のあり方を考えてみませんか。

日時 令和3年12月15日(水)14:00〜16:00
会場 堺市総合福祉会館 5階 大研修室
オンラインぬくもりカフェ
長引くコロナ禍の影響で多くの堺ぬくもりカフェ(堺市認知症カフェ)が休止している状況を受け、堺市ではオンラインでのぬくもりカフェをモデル実施します。認知症の方、ご家族、支援者など、どなたでもご参加いただけます。 全3回の交流会のほか、ICT機器の操作に不慣れな参加者向けに事前のオンライン操作講習会を実施します。 パソコン、スマホ等をお持ちでない参加者向けには、台数には限りがありますが、端末を無料で貸出します。

8、9 月の新型コロナウイルス感染症拡大を受けて、当初の日程を繰り下げて実施するものです。ご参加をお待ちしています。

開催日
11月2日 (火) オンライン操作講習会(任意参加)
11月5日 (金) 第1回交流会
11月15日 (月) 第2回交流会
11月30日 (火) 第3回交流会
問合せ・申込み 包括支援センター統括課
【TEL】072-238-3636 【FAX】072-238-3639
【E-mail】houkatsu-t@sakai-syakyo.net
または
堺市健康福祉局生活福祉部地域共生推進課
【TEL】072-228-0375 【FAX】072-228-7853
【E-mail】chikyosui@city.sakai.lg.jp
認知症本人ミーティング
 本人ミーティングとは、認知症の人の視点を重視したやさしい地域づくりを具体的に進めていくため、本人が集い、本人同士が主になって自らの体験や希望、必要としていることを話し合う場です。
一緒に話し合う中で、ヒントが見つかります。ご参加お待ちしています。【要申込】


認知症本人ミーティング deピンポン(卓球)大会
日時:令和4年1月27日(木)午後1時〜午後3時
集合:堺市健康福祉プラザ 1階 体育室
認知症本人ミーティングinデニーズ
日時:令和3年11月17日(水)午後3時〜午後4時
集合:デニーズ中百舌鳥店
認知症本人ミーティングin大仙公園
日時:令和3年10月20日(水)午後1時30分〜午後3時30分
集合:JR阪和線 百舌鳥駅西口
大仙公園及びデニーズでの認知症本人ミーティングは、多数の皆さんにご参加していただき、盛況のうちに終了しました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
知りたい情報等あれば事前にお願いします。
【TEL】072-238-3636 【FAX】072-238-3639
【E-mail】houkatsu-t@sakai-syakyo.net
注意事項
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、検温・手洗い・マスクの着用をお願いします。
30〜50歳代のための認知症介護教室

  認知症と聞くと高齢者の病気というイメージがありますが、近年は40歳代、50歳代で発症する若年性認知症の方や、30〜50歳代で親の介護をしている方も増えてきています。そこで、就労や育児をしながら認知症の方を介護している同じ年代の方々と介護について話し合い、情報交換をしています。病気への理解や使える制度について学習し、認知症や介護の専門職に相談もできます。気になる事がある方はぜひ参加してください。
 おおむね2か月に1回開催しています。【要申込】

次回開催日 令和3年11月28日(日)
時間 午後1時〜3時
場所 メゾン・ド・イリゼ (堺市産業振興センター内)
問合/申込 包括支援センター統括課にお名前、連絡先をお知らせください。
知りたい情報等あれば、事前にお願いします。
TEL 072-238-3636 FAX 072-238-3639
E-Mail houkatsu-t@sakai-syakyo.net
※注意事項 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、検温・手洗い・マスクの着用をお願いいたします。

若年性認知症支援コーディネーター

認知症は、脳の病気や障害など様々な原因により認知機能が低下し、日常生活全般に支障が出てくる状態で、若年性認知症とは、65歳未満で発症する認知症です。全国の若年性認知症の有病者数は約3.57万人と言われており、おもに40〜50歳代と働き盛りの世代で発症するため、職を失って経済的な問題に直面することも少なくありません。

若年性認知症支援コーディネーターは、若年性認知症の方が自分らしい生活を継続できるよう、ご本人や家族に寄り添って様々なサービスや制度、支援につなげるお手伝いをします。認知症かなと気になったり、心配なことがあれば、気楽に相談してください。

【相談先】 包括支援センター統括課
【電話】 072-238-3636
【メール】 houkatsu-t@sakai-syakyo.net
若年性認知症とうまくつきあうためのガイドブック
若年性認知症とうまくつきあうためのガイドブック 事例編

若年性認知症の方とその家族にとって役立つ情報を載せたガイドブックを作成しましたので、ご活用ください。

 
令和2年度認知症講演会 〜コロナ禍における認知症支援〜

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、認知症のご本人とご家族は外出を制限され、思うような活動ができない状況にあります。
  今回の講演会では、認知症の方を介護されているご家族からの報告と、専門医の講義を聞き、認知症支援の実際の様子や寄り添い方を学びます。

【講演会は3月13日(土)に終了しました】

【ダイジェスト版の動画配信期間は終了しました】


医療と介護の連携
「堺市における医療と介護の連携をすすめる関係者会議」、「堺地域『医療と介護の連携強化』病院連絡協議会」の事務局を担い、堺市における医療と介護の連携強化に取り組んでいます。
堺市における医療と介護の連携をすすめる関係者会議
愛称 いいともネットさかい
高齢者ののちときがいを支えるためにともに力になろう
趣旨 堺市内における医療関係者と介護・保健・福祉関係者が、互いの研鑽・交流を図る。
構成員 堺市医師会/堺市歯科医師会/狭山美原歯科医師会/堺市薬剤師会/大阪府歯科衛生士会堺支部/大阪府訪問看護ステーション協議会堺ブロック/大阪介護支援専門員協会堺ブロック/介護支援ネットワーク協議会・さかい/認知症疾患医療センター/C・Cコネット/堺市老人福祉施設部会/大阪介護老人保健施設協会/さかい地域包括・在宅介護支援センター協議会/堺市/堺市社会福祉協議会
堺地域「医療と介護の連携強化」病院連絡協議会
愛称 C・Cコネット
Cure(治療)と Care(介護) をコネクト(つなぐ)
趣旨 いいともネットさかいの活動と連動し、地域における病院関係者と福祉・介護従業者の相互間における利用者の情報共有と連携を強化し、先を見越した支援、在宅から病院あるいは病院から在宅へのスムーズな移行、医療情報に基づくケアプランの作成など、利用者に切れめのない医療と介護のサービスを提供できる、互いの連携体制を構築することを目的とする。
構成員 堺市内の急性期病院・療養型病院/
大阪介護支援専門員協会堺ブロック/大阪府訪問看護ステーション協議会堺ブロック/さかい地域包括・在宅介護支援センター協議会/堺市社会福祉協議会